1. HOME > 
  2. コラム > 
  3. そのIRサイト改修、ちょっとお待ちください。~課題を抽出するログ分析のすすめ~

コラム

そのIRサイト改修、ちょっとお待ちください。
~課題を抽出するログ分析のすすめ~

2014/10/03

野村インベスター・リレーションズ
シニアコンサルタント 中村 貴彦

IRサイト改修。その前に。

NISA開始による個人投資家IR強化の一環としてなど、今まさにIRサイトの改修を検討されている企業様も多いのではないでしょうか。

「個人向けコンテンツを拡充したい」、「コンテンツを再整理したい」、「ユーザビリティを高めたい」など、現状のIRサイトの課題に対して、さまざまな改修プランを描かれておられるかと思います。

そのようなご検討中の企業様に一言だけ、申し上げておきたいことがあります。

「改修前にIRサイトのログをぜひ見てください。」

なぜこのように申し上げるかと言うと、訪問者のアクセスログを読み解くことで、現状のIRサイトの課題の大半が洗い出せるからです。

その「一手間」がIRサイトの成否を分ける

以前、ある企業様が、大変な労力とコストをかけて、個人向けコンテンツの拡充を目玉にIRサイト全体の改修をされたことがあります。改修後に弊社が依頼を受けてログ分析したところ、拡充した個人向けコンテンツのアクセスが、なんと全体アクセスの1%以下というショッキングな結果に…。
当然ながら、ご担当者はひどく落胆されていましたが、ログの結果ほど客観的で正直なものはありません。

もっと分析を進めると、アクセスがある時期に偏り、拡充したコンテンツの閲覧はそこそこに、すぐに配当や株主優待のページに流れていることも判明しました。

せっかく取り組んだIRサイト改修でしたが、このようなアクセス結果が出た理由は、大きく次の二つが考えられます。

  • ・個人向けコンテンツへの絶対的な誘導不足
  • ・コンテンツ自体が個人投資家の興味を喚起できていなかった

さらにログを過去に遡って分析すると、改修前から、前身となるコンテンツにそれらの徴候がすでにあらわれていました。事前にログを分析して、その徴候に気づいてさえいれば、この失敗はおそらく防げたはずです。

こうした結果を受けて、ご担当者によくよく話しをお聞きすると、根本的な原因はそのプロセスにあることがわかりました。

このご担当者は、課題抽出や改善策のフェーズがそもそも頭になく、設計・企画フェーズからいきなり改修に入っておられました。設計・企画から着手することは間違いではないのですが、主観的な判断になりやすく、成果の出にくい改修になってしまいます。

ログ「集計」ではなく、ログ「分析」で

ログといえば、各ページのアクセス数を定期的にチェックしているから大丈夫、という企業様もあるかと思います。しなしながら、各ページのアクセス数だけでは、課題は抽出できません。なぜなら、それらはログの「集計」に過ぎないからです。

  • ・投資家はどういう経路でサイトへ流入してきたのか?
  • ・サイト内での最も太い経路はどこか?
  • ・どのようにコンテンツ間を遷移しているのか?
  • ・見てもらいたいコンテンツには訪問者のうち何割が来てくれたのか?
  • ・そのコンテンツの閲覧時間はどのくらいか?
  • ・前年比較したアクセス動向の変化は?
  • ・なぜこのコンテンツにはこの時期にアクセスが高まるのか?
  • ・IRイベントとの相関は?

などなど、より深掘った「分析」をしてこそ、課題が抽出できます。

ひと昔前までは、ログ分析といえば、データを収集するだけで、時間、労力、コストが必要でした。しかし、現在では多くの企業様でも導入されている「グーグル アナリティクス」など、分析に耐えうる高機能で無料のログツールが広く普及しています。これらを活用しない手はありません。

弊社では、数多くの企業様のIRサイトのログ分析をしてきましたが、経験的に、どんなに整ったIRサイトでも、ボトルネック、意図しない結果、「おや?」という不思議な現象が必ずあるものです。

そうした結果や現象がなぜ生じるのか?仮説を立てながら、読み解いていくことにより、課題が明確になり、改善策のヒントが得られます。

皆様のIRサイト改修を効果的で実のあるものにするために、「ログ分析」を通じて現状把握、課題抽出を事前に行うことを強くおすすめいたします。

野村IRの課題抽出型ログ分析サービスについてのお問い合わせはこちら

03-3276-3607

受付時間:9:00~17:00(土日祝日除く)

担当:尹(ユン)・ 小茂田(コモダ)

お問い合わせフォーム入力画面へ進む

※お問い合わせフォームが立ち上がります。

<個人情報のお取り扱いについて>
お問い合せの際に皆さまからお預かりする個人情報は、本お問い合わせに回答させていただくことを目的として収集しています。したがってこの目的以外に、お問合せいただいた内容や皆さまに関する情報を第三者に提供することはありません。 なお、皆さまが個人情報を提供するかどうかにつきましては、皆さまご自身で判断下さいますようお願いいたします。その他詳細につきましては、野村IRのホームページ(www.nomura-ir.co.jp/)にある「個人情報の取り扱い」をご参照ください。
※当メールフォームはトライコーン株式会社のシステムを使用しています。

ご意見・お問い合わせはこちらから

メールマガジン登録はこちらから